子供の手足に発疹が出たのにヘルパンギーナだった!症状と我が家の対処法

子育て

ヘルパンギーナは夏風邪のトップス3に入る代表選手なんですね。

一昨年は手足口病で、今年はヘルパンギーナ。

寒い時期に風邪って引くものだと凝り固まった私の思考だったのですが、風邪は夏でも猛威を振るっているようです。

もう、ブンブン言わせています。

診断を受けてヘルパンギーナだと分かりましたが、

発熱がある当日に手や足にポツポツ発疹もでている。

てっきり手足口病だと思って受診したものの、休日診療ということで、詳しく診てもらえず、とりあえずの薬をもらって帰宅。

後日、改めて平日受診し…その気満々で手足口病だと思っていたら、ヘルパンギーナだった!

という、我が家の体験や強烈なのどの痛みで飲食できない娘ちゃんへの対策などを織り交ぜてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの一般的な症状とは

ヘルパンギーナの症状

38度~40度近い高熱が出て、口の中に水疱性の発疹が現れるほかに、咳や鼻・喉の炎症、下痢などの症状がおこります。通常の風邪や、水疱性の発疹が手や足にも出る手足口病記事1『手足口病の症状や対処法、予防-手足や口に発疹が現れたら?』と初期には見分けがつかないこともあります。突然の高熱とともに、食事をとらない口の中の痛みを訴える口内にのみ水疱性の発疹が出る、の症状が出た場合、ヘルパンギーナを疑います。

通常、水分補給をしっかりとし、安静にしていれば、熱は1日~3日程度で下がり、口の中の発疹も1週間程度で治まります。

引用:Medical note:https://medicalnote.jp/contents/171206-005-KU

ヘルパンギーナの感染経路飛沫感染と接触感染で、流行期間5月から増え始め7月ピークで10月までに終息していくといった感じになります。

我が家のヘルパンギーナはちょいと違った

朝からちょっとだるそうな娘ちゃん。

だけど、熱はちょっと高いくらいの36.8℃。単純に風邪ひいたのかと思ったけど…前日から手首や足のあちこちに何やら発疹が。

発疹もちょっと独特で、蚊に刺されみたいな全体が赤みを帯びた腫れではなく、プチっと中心部に水泡のような盛り上がり(1㎜程)があり、周りの赤みも含めると3~4㎜くらい。

※ヘルパンギーナと診断される前の発疹の写真はこんな感じ。茶色っぽいのはホクロです。

お昼過ぎになるといよいよ辛そうになってきたので、休日診療へ。

医者からは…

水ぼうそう?→私:娘はもう予防接種しています。再発はあるかもですが。

アレルギー?→私:特に娘はアレルギーありません。

ンん~・・・分からないので、週開けたら小児科へ行ってください、だそうで特定できず。

暑いのに高熱にうなされ、喉の痛みに耐えながら、泣きながら食べ物や飲み物を口にする我が子…

娘ちゃん
娘ちゃん

ふぇ~…ふっ、喉痛いよ~!喉痛くてお茶も飲めないのぉ!!

あああ~…水分を摂るのすら痛いのってつらいよね。

親としては代わってあげたいけど、できるだけ『飲みやすい・食べやすい』物を出してあげる事しかできないんだ。ごめんね…

ところどころ『水分が摂れないと、病院で点滴打つことになっちゃうよ!』と、本人には辛い言葉をかけてしまいました。

でも、夏の暑さでは水分を摂れなくては命に関わると思い、心では泣きながら叱ってしまいました。

嘔吐の時の記事ですが、水分が摂れない時について介護現場現役の私が受診のタイミングを紹介しています。

子供が突然嘔吐!?受診のタイミングに迷う嘔吐の我が家の体験と対処

↓↓発症からの時系列をご紹介↓↓

時系列症状内容
発熱2~3日前より小さな発疹が手足にできる。手や足の内側にはできない。甲や膝回り、体の中心部にはほとんどできていない。
発症1日目朝起きた時から少しだるそう。熱は36.8度とやや微熱。12:00過ぎからより怠そうで動きたくなさそう。15:30までの休日診療に間に合うように受診。検温38.0度で発疹の事伝えたが手足口かは判断がつかず、月曜日に改めて受診するよう言われ、薬のみをもらう。朝食時はまだ普通食がたべられたものの、夕食時は喉の痛みが急に強くなってきているようで、うどんを食べる。
発症2日目朝起きた時の熱は38.8度。最高39.2度まで上がる。喉の痛みがさらに増し熱も高いので、あまり動きたがらない。ただ、ぐったりというほどでもなく体動かしたり会話は比較的できるよう。受診すると喉に口内炎のような白いプツプツが4つほど点在。湿疹はこの時点ではほとんど消えており、ヘルパンギーナと診断される。飲食は辛いようで『飲むのも食べるのも』辛い様子。アイスなどの冷たいものなら大丈夫とのこと。
発症3日目朝起きた時点の熱は36.8度。熱は下がってきた様子。ただ、のどの痛みがピークを迎えているようで、のどの痛みが耳まで響くようだ。『食べるのも飲むのも辛い』が最高潮で、カップアイスすら耳に痛みがでるようだ。ただ、棒アイスのようなスッと口の中で冷えた水に代わるものは大丈夫らしい。うどんと氷、氷菓子の食事になる。
発症4日目熱は平熱に戻り36.4度。喉から耳まで達する痛みはまだけいじょく中。ただ、食欲が少しずつ戻ってきたようで、夕食時には『もう少しうどん増やして』という話がでた。ただ、カップアイスはダメなようで氷菓子とうどんがメインで、少しずつ固形物も摂れるようになる。
発症5日目ほぼ通常に戻ってきている様子。うどんではなく白米を食べたがるように。喉の痛みも本人いわくは『痛くなくなってきた』とのこと。
発症6日目通常食にもどすも酸味のあるトマトやドレッシングなどは、まだ飲み込む時に痛いとのこと。
発症7日目以降酸味のあるものでも少しずつ食べるようになる。発症から一週間程経つとほぼのどの痛みはなくなる。又は飲み込めるほどに回復する様子。

発熱日を1日をカウントとした時に、解熱後食事がほぼ通常にもどるまでは1週間以上かかるというのが、我が子をみて分かりました。

ウチの場合は発熱しヘルパンギーナと診断されるまで、発疹が出たりと手足口のような症状が出たり、少し変わっていましたが、他のブログでは手足口病とヘルパンギーナを併発したというケースもあるようです。

我が家はヘルパンギーナをこうやって乗り越えた!

水分すらとるのが難しくなるほど、喉の激痛があるヘルパンギーナ。

手足口病でも食事でも水分でも悩まされた経験があるので、ヘルパンギーナでもその経験が生かされましたが…子供たちの様子を観察する感じでは手足口病よりも喉の痛みは強い様子です。

通常の水分では飲み込みが痛い!

常温の水分でも、冷えた水分でも飲み込み時の痛みはあるようです。

なら、ゼリーならどうか。ゼリーでも飲み込み時の痛みはあるようです。

良く乳製品ならば膜をはって保護されるので飲みやすいという、情報があったので冷えた牛乳も飲ませましたが、牛乳でもヨーグルトでも痛みがあるとの事でした。

なら、最終的に何がいいのか!

結果、氷でした。

氷は口の中で少しずつ溶けて、少量の極端に冷えた水としてのど元を過ぎるので傷に触る水分が少しで済み、炎症を起こした喉を冷やせるのが氷の利点なのかなと考察しました。

なので、氷菓子(我が家ではアイスバー)が一番良いと好評でした。

我が子も食事が摂れなかったけど、これだけは食べました!

喉の痛みがピークの時は食べやすいもの(ゼリーやヨーグルト、バニラアイス)をいくら出しても、食がすすみませんでした。

それでも、一番食べてくれたのがうどんと温泉卵

娘からのリクエストというのもありますが、温泉卵はしっかり食べてくれました。うどんの量は喉痛もあるので、本人から少なめでいいとのことでした。

本人が一番食べたいものを食べさせるのも良かったのかもしれません。

ほぼうどんと温泉卵のみが毎食続きましたが、喉の痛みが強い時は食欲もなく残すことが多かったので、水分のみはしっかりとってもらう他以外は無理強いはしませんでした。

こたつみかん
こたつみかん

喉の痛みが軽減してくると食べれない時の分を取り戻すかのように、ものすごい勢いで食べたので、回復すると自ずと食欲が湧くのかなと思いました。

ちなみに、大好きなお菓子は喉が痛くても食べましたっ!ナンテコッタ!

我が子がヘルパンギーナにかかってしまって分かったことまとめ

夏風邪と言えば手足口病とヘルパンギーナと言われるほど有名な風邪ですが、もっとも特徴的な症状の『喉の痛み』が子供にとっては辛いようです。

大人なら喉の痛みを我慢することができますが、子供は強烈な痛みを我慢することは苦行に近いと感じました。ヘルパンギーナにかかった子の中には飲食できずに点滴通いや入院する子もいると医者からも言われるほどですから。

なので、私なりにヘルパンギーナに子供がかかってから分かった事をまとめると

  • ヘルパンギーナで湿疹も出た。手足口病との併発の可能性もある。
  • 通常の水分が摂れなかったら、氷か氷菓子を与えて水分補給をはかる。
  • 食事は本人の望むものを出してみる。食べられなくても仕方がない。
  • 食事はおろか、水分も摂れないなら病院で点滴や入院もやむ負えない程の喉の痛みである病気であること。
  • 喉の痛みのピークは痛みが出てから2~3日がピーク。
  • 1週間ほどで通常にもどっていく。

2週間経った今は『あの時はなんだったんだろう』と感じるほど元気いっぱいです。

やはりヘルパンギーナにかかっている間は、水分も食事もあまり食べれない状況が何日も続き心配でした。

この記事を読んで少しでもお力になれたら幸いです。

子育て
スポンサーリンク
kotatumikanFollow
ぶっちゃけみんなマイペースな子育てブログ

コメントを書く

タイトルとURLをコピーしました